1月 2017

酵素飲料による虫歯が心配ならば成分表を確認

酵素飲料による虫歯が心配ならば成分表を確認

人々は、虫歯になってしまう事があります。それで甘い物などは、やはり歯の症状とは密接に関わっています。甘い物ばかり食べると、虫歯になってしまうとよく言われるでしょう。

そして酵素飲料も甘いので、歯が悪くなるのではないとの意見も浮上します。酵素飲料で歯の状態が悪くなるか否かは、製品次第と言えます。

1.無効化されているので虫歯になりづらい

そもそも酵素飲料を作る過程では、確かに砂糖類などは使う事になります。ミキサーに多くの野菜類や果物などを混ぜた上で、大量の砂糖を加える事になるのです。

その生成過程を見る限りでは、酵素飲料はあまり歯に良くないように見えます。ところで酵素飲料を作る時に用いる砂糖は、実は分解されるのですね。発酵が進みますので、原則としては砂糖の大部分は無効になっています。

ですので多くのお菓子類などに含まれる砂糖などは、実は酵素飲料の中には含まれていないケースが圧倒的に多いです。つまり酵素飲料を飲んでも、虫歯になる確率は低いのです。

2.カロリー値は確認する

ただし酵素ドリンクを飲むにして、やはりカロリーに関する数字などは確認するのが望ましいでしょう。というのもカロリーは、虫歯の発生確率と大きな関連性があります。

原則として酵素飲料は、カロリーなどはかなり低めな製品になります。しかし、やはり例外の製品もあるのです。全てがゼロカロリーの製品ではありません。

そしてカロリー値が高めな酵素飲料ですと、虫歯の発生確率が高まる傾向があります。ですので歯にやさしい酵素飲料を摂取したいと望むなら、やはりカロリーの数字は確認するべきです。

3.人工甘味料の有無も確認

それと人工甘味料が含まれるか否かも、やはり確認するのが望ましいですね。そもそも日常の食品の中にも、人工甘味料が含まれる製品が幾つかあります。

やはりそれは、歯に対してはあまり良い影響はありません。むしろ歯の状態が著しく悪くなる傾向があります。もちろん酵素飲料の甘味料の有無などは、成分表などで確認する事ができます。

ですので虫歯が心配ならば、成分表をよく見た上で、甘味料が含まれない製品を選ぶと良いでしょう。

成分をチェックすると良い

つまり酵素飲料と虫歯については、主に次のような事が言えます。

・砂糖は分解されているので歯は悪くなりづらい
・カロリーの値は確認するのが無難
・人工甘味料も確認した方が良い

結局酵素飲料を購入するなら、含まれる成分をよく確認するのが望ましいのですね。それを徹底しておけば、虫歯になる確率も減ると思われます。