酵素飲料に置き換える方法の特徴やポイント

昨今では、「置き換え」という表現がしばしば用いられるようになってきました。食事を別の物で代用する方法を指します。例えば食事の代わりに酵素ドリンクで代用する方法があるのです。

1.体脂肪率が減るのは食事の摂取

そもそも人間の体脂肪率が増加するのは、明らかに食事が原因です。食品の中に体脂肪率を増やす物も含まれますね。

食べてしまえば、肥満になる確率も上がるのです。逆に言えば、食事をできるだけ減らせば、体脂肪率も減少する可能性があるでしょう。

2.自己流の断食はリスクがある

このため体脂肪率を減らそうと思うなら、断食という選択肢が浮上するのです。ところが、それには明らかなリスクが1つあります。一歩間違うと、健康を害してしまう可能性があるからです。

断食は、実はかなり難しい一面もあるのですね。断食道場などに行かず、自己流で行ってしまうと、様々な健康被害が生じる可能性があります。

3.リスクが低めな置き換えによる方法

ところが上述のドリンクを用いる方法となると、少し話が異なってくるのです。ドリンクを飲むとなると、少なくとも1食を抜く訳ではありません。あくまでも食事の代用ドリンクになるので、自己流のダイエットなどと比べれば、リスクは低くなります。

できるだけ安全に減量をしたいと考えるなら、確かにドリンクを用いる方が良いですね。現にそれで減量に成功した方々も多いので、試してみる価値はあるでしょう。

4.最初の内は少ない置き換え回数で始める

それで置き換えを行うとなると、1回や2回など様々な選択肢があります。始めたばかりの頃は、あまり回数を多くしない方が良いでしょう。

急激に食生活が変化すれば、体調も悪くなる可能性があるからです。まずは置き換え回数1回で試してみて、それで体が慣れてきたら、2回に増やすのが良いでしょう。

5.体外排出も促す事ができる

またドリンクで代用をすると、お腹の中の悪い物が外に出やすくなります。あまりお腹の中に悪い物を溜め込むと、ダイエットも非効率的になってしまう事があるのです。

ですがドリンクを用いれば、体外排出も進みますので、その分痩せやすくなると考えられます。

効率良く安全に減量できる

つまり置き換えに関しては、主に次のように言えます。

・自己流の断食よりリスクは低い
・少ない置き換え回数から始める
・ドリンクに置き換えるのはデトックスも進む

結局は低いリスクで効率的に減量できるのが、置き換えのメリットです。効率的に体脂肪率を減少させたいと望むなら、ドリンクを試してみると良いでしょう。

酵素飲料による減量の空腹感はどうなのか

減量をするとなると、食事を抜く選択肢があります。そもそも食事の量を減らせば、確かに減量できる事は多いです。

ただそれには難関があって、お腹が空く感覚が大変なのですね。酵素ドリンクによる減量を検討する方も多いですが、しばしばその空腹感に関する不安が見られます。

酵素どりんくのランキングサイトはこちら

1.空腹を我慢できない可能性

食事の量を減らす事は、少なくともコレステロールの摂取量などは減らす事はできるでしょう。ところが、やはり空腹感が大変なのです。それが数時間程度ならば我慢できても、長い時間となると難しくなる事もあります。

断食などは数日ほど続けるケースもありますが、空腹感を我慢できずに困ってしまう可能性はあるでしょう。

酵素ドリンクを用いるにしても、やはりその空腹に関する不安が生じるのは、ある意味自然と言えます。断食をするにしても、すぐに諦めて断念すれば、無意味になってしまいかねません。

2.実際はあまり空腹感は無い

ところで上述の酵素飲料には、1つ独特な特徴があります。ややドロドロしているのですね。固形物が多めなドリンクになるのですが、実際に飲んでみると、思った以上にボリュームがあります。コップ一杯分のドリンクだけでも、かなり飲み応えがあります。

それだけに、酵素飲料はあまり空腹感を覚えない方々が多いのですね。むしろお腹いっぱいになる事が多く、我慢できない程度ではないとの事例が目立ちます。それほど苦痛ではない故に、意外と続けやすい減量方法なのですね。

3.大変だと感じたら無理はしない

ただし、やはり個人差はあります。Aさんという方は全く空腹感を覚えなかったとします。ただそれはAさんの話で、Bさんという別の方は、空腹感に耐えられないケースも考えられます。その場合は、Bさんとしては無理をする必要はありません。

そもそも減量は、苦痛を感じながら進めるのは、あまり効率的ではないのですね。苦痛を我慢しながらダイエットをするのは、やはり三日坊主で終わってしまう可能性があります。

最初の内は、空腹感を覚えない範囲で、無理無く進めていくと良いでしょう。だんだん慣れてきたら、置き換え回数を増やしてみたり、マイペースに進めるのが妥当と思われます。

無理無く続けるのが妥当

つまり空腹感については、

・酵素ドリンクは意外とボリュームがある
・大きな空腹感を覚える事例は少ない
・個人差はあるので無理しない

このような事が言えるでしょう。やはり3点目が最も大事ですね。短期で断念してしまうのも色々問題なので、無理無く自分のペースで飲み続けていくのが良いでしょう。

酵素 – Wikipedia